So-net無料ブログ作成

report:21 ねつ造 [一姫三太郎]

はぁー、、情報処理の試験(情報セキュリティアドミニストレータ)が昨日終わった。一応答案は埋めたけど、僕の合格、それは奇跡である。一昨日は今年一番の勉強ぶりだったんだけどなぁ。やっぱり日ごろの積み重ねが大切なんだなぁと、いままでの僕のテスト経験で一番痛感した。まあ過ぎたものはしょうがない。ちょっと気が楽になったし、しばらくは映画観たりギター弾いたりして趣味に興じよう。。

なぁんて悠長なことは言ってられないのが小さな子供を持つ世のパパさん達なのである。

子供の世話というのは、食事、しつけ、勉強、遊びを含めたトータルなもので、
特に幼稚園くらいまでの親の役割・影響度合いは本当に大きいと思う。

先月11日に4歳になった長男・亮太は、僕が帰ってくるまではゲームをしようとはしない。
それは前に「ゲームは夜になってご飯を食べてからから」と、約束したからだ。
きっと亮太の頭の中では夜になる⇒パパが帰ってくる⇒ゲームが出来るという3段論法になっていて、時折ご飯を食べたことを

ねつ造する^^;

というより、昨日の夜食べたご飯を思い出して、

「パパ、もうご飯食べたよ。」
「ほんとー!何食べたの?」
「チュルチュル*1 食べたよ。だからピーダッシュ*2 やりたい!」
「それは昨日食べたねー。今日はまだでしょ?」
「えー、なんでー!」

まだ、きっと時間の概念の意識がまだ発達していないんだろうな^^;だから本人はうそを言っているつもりはないんだ。

時計の正しい読み方もちゃんと教えなきゃなぁ。

「もっとテレビから離れなさい」と言われた亮太

いっちょ前にコードレスコントローラを使っている。というより、コードがあると麻弥が噛み付いて危ないっっ!

*1:麺類のこと。ラーメン、焼きそば、スパ、そば、うどんを指す。
*2:Bダッシュのこと。十字キーの左右に加えてBボタンを押すとダッシュ移動ができる。てかこれが基本移動。ちなみに亮太がプレイしているのはPC上で動作するエミュレーター版で、海以外でも泳げる事を亮太が発見した!ピヨピヨと画面上まで泳ぐと、あとはあっという間にゴールの旗までたどり着いてしまう。そんな小さいうちから楽を覚えてどうする、亮太~!そもそもゲームって現実の面白いところのいいとこ取りで、めんどくさいプロセスがないから、我慢を覚えられない。これは注意すべきだ。もちろんプラス面だってたくさんある。このあたりはいろいろと考える余地がありそう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。